部屋探しがやっぱり理解不能

  • 投稿日:
  • by

にしても、部屋探しというものは分からぬ。「随分、今更ね」ふむ、私はかれこれ数十年、良き場所を巡り、転々と移る。

「そこまで?じゃ、貴方いまどこに、お住まいで?」無論、仮の場所は確保済み。けど、いつも期限存在し、僅か一年足らずで去っちゃう。

「というと、もしや?」定期借款契約っつー言葉、聞き覚えあろう?「嗚呼・・・貴方が、伝説の」伝説?

「はい。ご本人、当然ご存じなかろう。我々、不動産屋、部屋探しをする人間を沢山見ております。けれど、定期借款契約・・・、期限が短い為に中々借り手つかず、毎度苦労苦労。

が、早く人を入れねば赤字の一途。無論、我々、仲介するだけで、黒字にゃならずも、赤字になりませぬが」それより伝説は?

「部屋探しのプロなど、密かに呼び慕う存在、それが貴方」何故?俺、頻繁にただ部屋探しするだけ。

「最早常連。その上、好条件の場所を次々に抑えていく観察眼、早き決断力。これを褒めず、何を褒めろ?」うむ・・・知らなかった、変な話ね。